2021年11月1日より対象疾病が追加・変更されます。

更新日:2021年11月1日

特定医療費(指定難病)の対象疾病が、下記のとおり追加(一部変更)されます。

2021年11 月1日より5疾病が追加され、指定難病は 合計 338 疾病 となります。

また、既に対象となっている自己免疫性後天性凝固因子欠乏症(告示番号 288)について、

同日より、この疾病の対象に自己免疫性後天性凝固第X因子欠乏症が追加されます。



厚生労働省ホームページ 令和3年11月1日施行の指定難病(告示番号288,334~338)
札幌市ホームページ 対象疾病の追加等について(難病・小慢に係る指定医療機関・指定医の皆様へ)
難病情報センターホームページ トップページ(サイト更新 R3年11月1日 病気の解説追加)

小児慢性特定疾病の対象疾病が、下記のとおり追加(一部変更)されます。

2021年11月1日より、小児慢性特定疾病医療費支給認定の対象となる疾病が26種類追加され、

合計788疾病 が対象となります。

なお、対象疾病の追加と併せて、既存の小児慢性特定疾病の疾病名等も一部変更となりました。


北海道ホームページ 小児慢性特定疾病医療費の対象疾病の追加及び既存疾病の名称等の変更について

札幌市ホームページ 小児慢性特定疾病医療費支給認定

小児慢性特定疾病情報センターホームページ  令和3年11月1日から新しく追加された疾病の一覧


障害者総合支援法の対象となる難病が、下記のとおり追加(一部変更)されます。

2021年11月1日より、障害福祉サービス等の対象となる難病が、361疾病から 366疾病 へと見直しが行われます。対象となる方は障害者手帳をお持ちでなくても必要と認められた支援が受けられます。


厚生労働省ホームページ 周知用リーフレット [PDF形式:734KB]

厚生労働省ホームページ 障害者総合支援法の対象疾病の見直しについて[PDF形式:753KB]


特定求職者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)※1の対象も
上記 366疾病 となります(2021年10月27日 厚生労働省職業安定局 障害者雇用対策課へ確認)

厚生労働省ホームページ 特定求職者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)


※1「特定求職者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)」は、障害者手帳を持たない発達障害や難病のある方を雇い入れる事業主に対して助成し、発達障害や難病のある方の雇用と職場定着を促進するためのものです。