2020年度特定医療費(指定難病)受給者証等の更新について

最終更新: 1月7日

-お持ちの受給者証の有効期間満了日が原則1年間延長されます-

      

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、治療の観点から、急を要さない臨床調査個人票ならびに医療意見書の取得のみを目的とした受診を回避するため、特定医療費(指定難病)、小児慢性特定疾病受給者証の有効期限が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの方を対象として、有効期限を1年間延長することとなりました。

これにより、対象となる方は、令和2年度の受給者証更新に関する次の2点が「不要」となります。

      

・臨床調査個人票(診断書)/医療意見書(診断書)の取得

・保健所、保健センターへの更新申請



●北海道(札幌市のぞく)にお住いの方へ(下記PDFにリンク)


難病、特定疾患、小児慢性特定疾病及びウイルス性肝炎等の医療費助成の有効期間の延長について



道_指定難病など各受給者証の有効期間延長のご案内
.pdf
Download PDF • 334KB


●札幌市にお住いの方へ(下記PDFにリンク)


札幌市 特定医療費(指定難病)受給者証の有効期限延長について(PDF)

札幌市 特定医療費(指定難病)受給者証の有効期限延長について(PDF)
Download • 544KB

札幌市 小児慢性特定疾病医療受給者証の有効期限延長について(PDF)

札幌市 小児慢性特定疾病医療受給者証の有効期限延長について(PDF)
Download • 160KB



最新記事

すべて表示

「北海道難病センター/札幌市難病相談支援センター 来所相談の中止について」

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当面の間「来所相談を中止」いたします。ご相談はお電話でお受けいたします。よろしくお願いいたします ◎難病相談専用電話:011‐522‐6287 ◎(札幌市民の方は)札幌市難病相談支援センター専用電話:011‐530‐5575 *相談受付 月曜から金曜、午前10時~午後4時 *他にも電話相談をお待ちの方がいることを考慮し、相談時間を原則40分以内とさせていた