北海道難病連 白老支部

■代表者

支部長    紺野良一(肝炎友の会)
事務局長    西田祐子(肝炎友の会)
連絡先    白老郡白老町本町1丁目13‐8
電話 080‐1886‐4771

■団体の紹介

白老難病患者・家族の会は、昭和60年4月に設立され、難病連の「はげましあい・たすけあい」を基本に支部活動を行い、情報伝達の一環としては、会報「しらかば」年3回発行継続、病気の性質を理解し医療知識の向上と認識を深めるには医療講演会を年1回行う、活動の一環として募金箱の設置運動を行っています。

行政の関連行事販売活動(白老笑顔まつり)に参加、患者家族の親睦として春、秋の交流会、新年会等行っています。

新たに今年度は苫小牧保健所を通して白老町在住の難病患者さんを紹介してもらっております。現在白老支部で活動している方にも、先ずは加盟団体の部会に入会していただく事をお願いしています。