(NPO)線維筋痛症友の会

北海道支部

■代表者

代表者氏名    久保田妙子
連絡先    札幌市中央区南4条西10丁目
北海道難病センター内
電話 011‐512‐3233

■団体の紹介

線維筋痛症(Fibromyalgia:FM)とは
全身の広範囲の筋肉に慢性の痛みが起きる疾患です。長期に強い痛みが続くため、疲労倦怠感・頭痛・睡眠障害・抑うつなど多彩な症状を伴います。日本での有病率は人口の1.7%患者数は推定200万人で、そのうち重症化し日常生活が困難で寝たきりになった患者が全体の6.1%推定12万人、小児が5%推定1 0万人いると言われています。

線維筋痛症の痛みの特徴

診断方法のひとつである「圧痛」。全身にある18か所の圧痛点を4kgfの力で押すと11か所以上が痛いと感じます。

軽い痛みを強い痛みに感じる「痛覚過敏」。

わずかな刺激(軽く皮膚に触れる、気温・気圧・湿度の変化、風・音・光など)でも激しい痛みを感じる「アロディニア(異痛

 症)」。

線維筋痛症の発症の原因

原因はまだ不明ですが、手術・出産・事故などによる外傷や、過労などの身体的負荷、死別・離婚・介護・解雇などの生活上の大きなストレスが引き金となり発症する場合があります。

線維筋痛症の治療法

◎薬物療法 2012年線維筋痛症に伴う疼痛治療薬として承認されたプレガバリン(商品名リリカ)や、中枢神経系の痛みを和らげる抗

 うつ剤等を使用します。

◎非薬物療法等 軽い有酸素運動・リハビリ・鍼灸・マッサージ・認知行動療法・温熱療法などが有効とされています。

友の会北海道支部の活動
NPO法人線維筋痛症友の会本部と連携し、「線維筋痛症」という病気を広く社会に知って貰い、病態の解明・治療法の確立、福祉制度の充実を目指します。また、患者同士の相談(ピアサポート)、道内各地での交流会や勉強会、医療講演会などを開催し、情報の共有と生活の質の向上に努めています。

​(2022年6月16日 作成)